月刊プリンセス10月号を読みました。私的に面白かったのはまず「Cafe 南青山骨董通り」です。
今回この作品は初めて知りましたけど、ちょっとミステリーっぽいところがちょっと引き込まれる作りになってました。

ネットで調べると一話完結のものが多いみたいですね。眼鏡職人の女性とミステリー作家の男性のエピソードでしたが、結構よかったです。

それから読み切りの「嘘つき狼くんと泣き虫赤ずきんちゃん」も面白かったです。
ツンデレの志狼(しろう)くんの本音や本当の理由がわかった時にちょっとキュンとしました。
いやー、なんだか青春っていいもんですね(笑)
意外とショート&ギャグのコーナーも面白かったです。

「瀬崎マネージャーがいる!」と「パンダリラッタ」が私的には好きでした。